「お客様の声」ページを公開しました。(付記:起業からの経緯と今後について)

おかげさまで5周年。クライアント様からお寄せいただきましたメッセージを「お客様の声」として公開しました。随時追加予定です。

 

起業当初は、コピーライティングを中心とした広告ツールの制作ディレクションがメインでした。

会社の顔になり、その後のブランドの行方を左右する企業広告をつくる。

そのコンセプトやビジュアルをご提案するためには、経営課題のヒアリング、競合他社はじめ関連業界の動向リサーチが欠かせません。それらが、感性の領域にあると思われがちなクリエイティブ提案のロジックとなるからです。

提案時には、必ずと言ってよいほど、経営者様から思いがけない話が出てきます。社内のことだったり、初回のヒアリング時には伏せられていた事実であったり・・・。ときには、提案をお持ちしているはずが、先方から相談が始まるという不思議な現象も。

つまり、提案がさらなる対話を生むというサイクルが見えてきたのでした。

本来、制作案件は単発のもの。納品時には、一抹の寂しさが漂います。

あるとき、こちらから申し出ました。

「これだけ御社のことを勉強させていただいたので、今日以降、何かしら引き続きお役立ちできることがありませんでしょうか?」

そうして始まったのが、定期ブランド戦略会議。当初は、会長、社長、役員といった経営陣との対話からスタートしましたが、しばしば行き着く話題が、若手目線のリクルーティングや社内の意識醸成の必要性。いわゆるインナーブランディングの領域です。

「いっそのこと、現場の若手社員と話してみてくれないか」

いつしか、定期訪問の前半が社長パート、後半を社員チームという構成になったケースも。関わる階層が広がり、結果的に、双方に伝えるべき情報を伝える橋渡しのような役目になるケースも出てきています。

 

関わる方の「気づき」を生むこと。

あるいは、「想い」を引き出し、背中を押すこと。

「さらなる貢献をしていくために、自分がどうあるべきか」

自問する中でコーチングファシリテーションの世界にもたどり着き、日々実践を通して学ぶ日々です。

業種を問わず、日本企業における人手不足解消・人材定着に向けた競争力確保(差別化)のニーズは年々高まっていると感じます。当事務所は、「地域の企業を、未来へつなぐ。」というビジョンのもと、兵庫県内はじめ地域に拠点を置く中小企業様の未来につながるブランディング支援により一層注力してまいります。今後とも、何卒ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。