CONCEPT

「らしさ」を生かしたブランド構築をサポートします。

 

「変わらなければと思うんだけど、何からどうすれば・・・」

ひとの悩みと同じく、企業の「悩み」もまた漠然としていることが少なくありません。

そして、未来を真剣に想うからこそ生まれる「悩み」こそが新しい扉を開くエネルギーでもあります。

 

当事務所では、クライアントの課題解決に向けて、コンセプトを開発し、あるべき広告活動を総合的にディレクションします。

まずは一度お時間を頂戴し、適宜質問を挟みながらヒアリングさせていただけますと幸いです。

 

誰に振り向いてもらいたいのか。

事業の核となるものは何か。

どんな資産があるのか。

市場の動向は?その中でのポジションは?

5年後、10年後、あるいは50年後のあるべき姿は?

そもそも、変わる(変える)必要があるのか?

 

2度目にお会いする時には、具体的なご提案をお持ち致します。その後のお付き合いが生まれるかどうかは、経験上この時に決まります。


ケースバイケースではありますが、経営陣との対話や現場ヒアリングをできるだけ踏まえ、企業が本来持っているブランド価値(競合と差別化される、「らしさ」と「強み」)を最大化して伝える広告的戦略を総合的にご提案するようにしています。

表層的に華やかなデザインをただ提供するのではなく、地域の空気感や実情も勘案しながら、その会社らしく、かつ質の高いクリエイティブに落とし込むことを大切にしています。

フローイメージ

特にご依頼をいただくことが多いのが、戦後を乗り越え高度経済成長期に発展してきた承継企業様のリブランディング。

創業以来大切にされてきたポリシーや歴史を汲み取りながら、時代に合わせた変化のプロセスを経営者様と二人三脚で描いてゆきます。

当初のご相談から、思いがけない方向へ話が展開していくこともしばしば。まずは一度、お話をお聴かせください。

代表 山口貴士